北海道二日目
2006 / 10 / 02 ( Mon )
相変わらず、父も母も朝は早い。
6:00には目が覚めてしまった。
今日は、彼のお母さんと伯母さん、ウチの両親で食事会。

シャワーを浴びて、朝食を食べて、レンタカーをとりに行く。
川沿いを二人で歩いた。
やっぱり朝のこの道は気持ちがいい。

レンタカーを借りて、少し時間があったので、母校の中学と高校を見に行って、その後、海岸まで行った。
大きいニポポがある浜辺にはホタテがいっぱい落ちていた。
海鳥もたくさんいて、波も高かった。
でも天気がよくって気持ちがいいー。

家に戻って着替えて用意して、お店に向かう。
父と母をおろして、彼のお母さんたちと待ち合わせの駅へ。
ちょっと挨拶して、また車でお店へ。

お店は鮨と割烹料理屋さん。
想像していたよりきちんとしたところでちょっと戸惑う。
礼儀作法とか良くわかんないけど、なんか挨拶一通りあって、なかなか席につけなくて、席に着いたらついたで食事もなかなか始められない。
ああ、こういうの、よく知らないから面倒。
彼の挨拶と結納金の手渡しが、なんだか緊張した。
「結婚させていただきたく、ご挨拶に来ました」っていう挨拶だけだったけど、なんだか、目がウルウルしてしまった。
うれしいとかって言うのだけじゃなくって、ウチのお父さんと彼のお母さんと、彼の姿を見ていると、緊張が伝わってきて、なんかウルっときた。
これからこの先、重大なコトが始まっていくんだ、知らない人同士が私たち二人によって親戚になっていくんだ、て感じで。

料理は豪華で量がめちゃくちゃ多い。
そしておいしかった。
何品出たんだろう。写真に撮りたかったけど、とてもそんな雰囲気じゃなかった。
蟹しゃぶは初めてでとってもおいしかった。
あとは、かに、お刺身、ゴマ豆腐、蟹すり身の湯葉巻き、サバの酢の物とか。
えびてんぷら、めんめのあんかけ、は食べられなかったな。
最後のほうでお鮨とホタテの汁物。
デザートはぶどうと梨。

2時間くらいいて、話はわりと和やかに進んだんじゃないかな。
なんだか終わった後は、みんながとてもほっとした感じ。
よかったー。

彼のお母さんたちと別れて、いったん家に戻り、着替えてからお出かけした。
ウチのお母さんは準備が長い…。
車で天都山まで行って、展望台から景色を見て流氷館に二人で入った。




それから、サルビアがいっぱい咲いている花畑を散歩して、網走湖で鮭を見て、網走監獄へ。







全部見たかったけど、なんか父も母も私も疲れていて途中でやめて温泉へ。
久々の温泉で気持ちよくなって出てきて、ふと壁にかかっていた効能書きを見ていると…。
妊娠中の方は、入浴を避けてください、だって。
ちょっとブルーになって外へ出た。

18:00過ぎだと言うのに外はもう真っ暗。
ウチへ戻って、父と母をおろして、給油してレンタカーを返却しに行った。
また川沿いを歩いて、スーパーへ行ったら彼が鯨の肉を食べたいと言うので、鯨の刺身を買ってウチへ戻った。

晩御飯はお昼の残りと、前日の残り。
北海道はやっぱりご飯がおいしい。
妊娠24〜27週 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
<<北海道初日 | ホーム | 北海道三日目>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |